ハコミユニット『りふぁじゅう』とは?

どんなグループ?

 2011年 年明け、森久美子と阿部優美は、新しいグループを作りました。日本におけるハコミトレーニングの一期生(1998年)として知り合い、ハコミのなかで育ち、ハコミとロンを愛する私たちです。ハコミをベースにしながら、個人セッションを中心に別々の活動していますが、新たに二人でグループを作り、いろいろなワークショップを企画していこうと計画しています。

コンセプトは『愉しいからだ・静かなこころ』です。心と体の両面から自分自身と仲良くなるようなワークショップを企画しようと思います。


何をするの?

『 KUMIKO がやりたいこと』

からだとこころの繋がりは、とても不思議です。あるワークのとき、その人の希望で、私は彼女の身体を後ろからギュッと抱きしめたことがありました。”おかあさ~ん ! ”と彼女が泣きながら叫んだとき…彼女の持病だった心臓の痛みが消えたことがあります。私が体験したそれらの事例は、存在自らのなかに自分を癒す力があることを教えてくれました。目を見張るような生命の働きには心を奪われます。さきの見えない不安な時代ですが、私たちの存在の深いところにある生命の輝きと繋がりたい。その力を愛する人たちと、共有したいと思います。 


   心が自由になると、
     からだに変化がおこる。

   からだを解き放つと、
      心も動き始める。

   苦しみや悲しみの
      底から力を汲み上げ、

   生命のダンスを
     一緒に楽しみましょう。
『Yumiがやりたいこと』

よい仕事をするためには、私たち自身の心が元気でいなくちゃ!そのために自分たちが元気になるようなワークショップをやりたいね、、と久美子さんと話をしていて、あっという間にグループ結成、一気にワークショップの企画へとなだれ込みました。あれこれ一緒に考えるだけで、どんどん夢がふくらみ、元気が出てきました。

私たちは長生きした分、随分と素敵な出会いがありました。こんな素敵な人がこんなことやっているよ、とお伝えしたい方がたくさんいます。『りふぁじゅう』のワークショップでは、直接ハコミを学んでいるわけではないけれど、ハコミのやろうとしていることと共通するところがある、心と体に関することをされている素敵な方をご紹介したいと思っています。

私のテーマは、「つながること」そして「元気になる」ことです。


『りふぁじゅう』って何語?

グループ名をどうするか二人でとても悩みました。やわらかくて、暖かくて、静かで、でも躍動感や生き生きした感じを表現したいね、と欲張っていました。でもいい言葉が見つからず、困りきった時、どういうわけか、ある自閉症の女の子が言っていた言葉がふと思い出されました。

YUMIが通園施設で出会った5歳のAちゃんは、朝出会いがしらや、活動の途中でも、よく『リファジュー』と言っていました。不思議に思って、Aちゃんに『りふぁじゅう』ってどういう意味?と聞くと、Aちゃんは「会って嬉しいからリファジュー、歌って楽しいからリファジュー、気持のよい風が吹いたらリファジュー。そういう時、先生はなんて言うの?」と逆に聞かれました。「えっ?!そんなのない!」と言ったとたん、「いや確かにそういう言葉があったような」気がしました。それって魂が喜んでいるっていることだよね。そんなことが頭のなかを駆け巡っていました。

電話で一部始終を話すとKUMIKOは 「それ、いい!」と一言。その瞬間グループ名が決定しました。

home / Ronのハコミ / KUMIKOのページ&YUMIのページ / ブログ